口コミ

本の買取業者を利用する場合には、インターネットから口コミの評判を確認しましょう。
そうすることで、もっとも高価な買取をしてくれる、誠実な対応をしてもらうことが出来ます。

満足度の高い利用をするためには、しっかりと利用する業者を選ぶ必要があります。

買取方法

本の買取サービスをしている業者は多く存在しています。
また、それぞれの業者で行なっている買取方法は違います。本の買取の場合、主に3つの方法があります。

・店頭持ち込み
店頭に売りたい本を持ち込むことで、その場で査定をしてもらうことが可能です。査定金額に納得できれば、その場で現金を受け取ることが出来ます。

・出張サービス
自宅や自宅近くに出張してもらうことで、店舗に持ち込む必要性がなくなります。売りたい本の数が多い、近くに店舗がないといった場合に便利です。その場で査定されます。査定金額に納得することができれば、後日指定した口座に入金してもらうことが出来ます。

・宅配サービス
売りたい本をダンボールやお店指定の箱に入れて配送します。
査定が完了したら電話やメールで査定金額を教えてもらうことが出来ます。金額に納得できれば、指定の口座に入金してもらうことが出来ます。

ライフスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

早く

今後読む可能性が低いとわかった段階で本を売却するようにしましょう。
本の買取市場は日々変化します。そのため、売却する時期が遅くなればなるほど買取価格が低くなります。
本が発売されてから日が浅いものであれば、高価で買取をしてもらうことが出来ます。

本を読まないまま保管していると、日焼けや汚れが目立ってしまう恐れがあります。
本の劣化も考えると、早めに買取してもらうことが良いでしょう。

無関係

ファッションアイテムや家電などの売却をする時には付属品がついていると買取金額が高くなります。
しかし、本の場合には必ずしも付属品が付いていると買取金額が高くなるわけではありません。

本を購入した時に、表紙カバーについている帯というのは、あってもなくても買取金額が変わることはありません。
また、内部に挟まっているはがきも本の査定には関係ありません。

せっかく大切に置いていても買取金額に変わりはありません。
わざわざ外してから買取価格に持ち込む必要はありませんが、付属品がないからといって焦る必要はありません。

売る前に

本を売る前に一手間かけることで、買取価格がアップする可能性があります。
それでは、どういった手間をかければよいか紹介します。

・表紙
本の印象を大きく決める表紙カバーというのは汚れが付いていることで印象が悪くなってしまいます。
表紙の汚れを落とすためには、消しゴムで軽くこするようにしましょう。そうすることでほとんどの汚れを落とすことが出来ます。ただ、紙の種類によって、インクが消えてしまう場合があるので気をつける必要があります。

・歪み
紙は水分を含むことで歪みが生じてしまいます。歪みがひどい場合には買取をしてもらうことが出来ません。
歪みを治すためには、表紙を外してポリ袋に入れます。そして空気を抜いた状態で電子レンジで加熱します。熱があるうちに本の上に重いものを置いて放置しましょう。

このような一手間をかけるだけで買取価格が高くなる可能性があります。

評価基準

お店によって本の買取価格を決める基準は違います。

大手の新古書店の場合には、本の状態や発行年月日をメインに査定を行います。
個人の古書店であれば、人気状態やお店で抱えている在庫数を元に査定を行います。

このように同じ本を得る場合でも査定の基準が違います。
そのため、売りたい本に合わせて買取してもらうお店を選ぶようにしましょう。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー